面接対策で転職成功!エステサロンに受かるためには

エステサロンに転職する場合大手か、個人サロンか エステサロンに転職する場合大手か、個人サロンか

面接は転職時の最終関門

レディ

転職成功の第一関門が、面接です。バイトでも社員でも関係なく履歴書提出と面接は転職に必要です。これは個人サロンでも大手サロンでも同じです。もし、あなたがエステサロンで合格したいなら、まずは対策を考えましょう。

エステサロンの面接3つの心構え

転職理由や転職回数などは確実に聞かれると考えておくべし
質問例1:なぜ、前の会社を辞めたのですか?例えば、「前の会社とはあわなかったから」などといってしまうのは絶対に駄目です。なぜなら、今度の会社も合わなくなる可能性があると遠回しに言っていることになるからです。「もっとステップアップしたい」などと、さらに上を目指す意欲があることを伝えましょう。質問例2:何度か転職しているようですが。この質問は、「嫌なことがあるとすぐやめるようなやつではないか」ということを確かめる質問です。対策としては、長く務める意欲があることをアピールしましょう。
エステティシャンは見た目がとても大事
エステティシャンは、人を美しく見せるのがお仕事です。そんなエステティシャンが自分の見た目に無頓着だった場合、当然ながら信用は得られません。爪は伸びていないか、髪は整っているか、服に汚れやしわがないか、きちんとチェックしましょう。身だしなみを整えるのは大人の重要なマナーです。面接時は「私服で来てください」などの指定がない限り、できるだけスーツで行きましょう。
個人サロンでの面接のポイント
個人サロンの場合、大手サロンよりも難しくなるケースは多いです。なぜなら、サロンによって求める人材は異なるからです。まず、どんな人材を欲しているかをよく考えましょう。そのうえで、自分はそんな求めている人材だということをアピールしましょう。そうすれば採用される確率はぐっと高くなります。

まとめ

転職をするにあたり、早く次の就職先を探さなきゃと焦る気持ちはわかります。しかし、無策で面接に挑んだ場合、未経験だとより採用される可能性は低くなります。まず、大手でも個人サロンでもどんなサロンなのかを確認しましょう。そこから求人サイトで求めている人材を確認し、面接対策をしっかりと練ってから応募しましょう。

TOPボタン