大手と個人のエステサロンのメリットから考える転職

エステサロンに転職する場合大手か、個人サロンか エステサロンに転職する場合大手か、個人サロンか

大手サロンと個人サロンのメリットを比較しよう

二人の女性

大手サロン、もしくは個人サロンのどちらに転職しようか悩む人は多いです。ここでは、この2つのサロンのメリットをそれぞれ洗い出していきます。

大手サロンのメリットはいろいろな部分の「安定感」

大手サロンは、なんといってもその安定感が最大のメリットです。大手なので福利厚生はしっかりとしており、給料も安定して支払われます。これは個人経営ではあまり得られないメリットです。さらに、安定しているということは新人教育の場もしっかりしているということです。つまり、初心者歓迎の求人が見つけやすいということであり、教育制度も整っていることが多いのです。よって、安定感を求めるのであれば大手サロンを推奨します。

個人サロンは「アットホームさ」が売り

個人サロンの魅力は、「アットホームである」ということです。たしかに大手企業は安定していますが、場合によっては事務方などの仕事のほうが多くなる場合もあります。未経験者だとなおさらです。そうなった場合、結局今までの会社と大して変わりないということにもなりかねません。個人サロンだと、そういった業務の数も少なくなるのでエステティシャンとして経験を積める時間は多くなりやすいです。

求人サイトを使えば隠れ家的なプライベートサロンを見つけられる!

会社よりもこっちのほうが向いている(30代/女性)

会社で多くの部署の人と過ごすよりも、少人数でチームを組んでいたほうが私には向いている。それを知ったのは今の個人サロンに務め始めてからです。会社の忙しさに嫌気がさし、第二の人生で始めた個人サロンの従業員の仕事は、会社とは何もかもが違います。求人サイトで目に止まったそこは、人数も待遇も会社に比べると若干少ないですがそれでも充実感が違います。忙しい時の心地よい疲れ、達成感。それはおそらく少ない人数でお互いをカバーしあっているという実感が湧きやすいからだと思います。会社が悪いというわけではありません。しかし、今のお仕事に充実感を感じないという方は、仕事を見つめ直すことをおすすめします。意外と、第二の人生は簡単に決まりますよ。

まとめ

安定した仕事をしたいのであれば、大手サロンは非常に魅力的です。安定した収入に待遇を得られます。しかし、個人サロンはそれと同じか、もしくは同等以上の充実感を得やすいです。 あなたがもし転職をするのならば、何のために転職するのかを考えてサロン選びをしましょう。

TOPボタン